来客で犬が吠える理由

お客さんを読んだ時に愛犬が吠えて困る、友達が来ると犬が吠えるなど、家族以外の人に犬が吠えて困るという人向けのページです。

吠える犬をしつけで吠えないようにするために、まずは来客時に犬が吠える原因を知りましょう。

来客時に犬が吠える理由

お客さんが来たときに犬が吠える理由はいくつかありますが、代表的なものはこの3つ。

・警戒心から吠える
・不安感から吠える
・嬉しいから吠える

もちろんこれ以外にもありますが、まずはこの3つをベースにしつけを考えて、そこから応用していきましょう。

1. 警戒して吠えている

犬が人に対して警戒心や不安感がある場合、人が家に入ってきて何が起こるか不安・警戒している状態です。
人と人で考えれば、敵意がないことを伝えればいいわけですね。

犬も同じですが、犬は言葉が通じません。
それに人と違って防衛本能が強く働いていることもあります。
その辺りを理解してしつけをしていく必要があります。

しつけの仕方は、警戒を解かせること。
来客時に良いことが起き続けることを犬が学習すればやがて警戒は解けていきます。

お客さんがきたらまずは飼い主が緊張しないこと。
緊張が犬に伝わると、敵だと思い吠えます。

なので飼い主がリラックスして餌などをお客さんにあげてもらうのが理想です。
お客さんが来ることで犬にとって良いことが起きるという条件付でしつけができるからですね。

お客さんにそのようなことが難しいと思うので、友達や家族など、ドアを開けて良いことを起こすということを繰り返してしつけをしていくと良いでしょう。

また、犬が安心できるゲージなどに入るよう指示してしつけをしていくことも有効です。

また、嬉しいから吠えるという場合は、興奮を落ち着かせたりするしつけ方をしていきます。

2. 不安から吠えている場合

犬は言葉をしゃべれないので、行動で示していきましょう。

人が来たら良いことがあるというように、犬がわかるようにしていけば警戒や不安が解け、吠えるのをやめるということです。

そのためには、最初は家に入ってきた人におやつなどをあげてもらうなどして、犬の警戒心や不安を解くことをしてしつけをしていくといいでしょう。

犬の警戒具合にもよるので、やりかたは少しずつ違ってきますが、犬も人もコミュニケーションの中で不安や警戒心が解けていきます。

警戒しなくて良い相手だとわかれば吠えることはなくなります。
その経験が増えていけば、家に来るお客さんは警戒しなくていいというように学習し、不安になることも減っていき、無駄吠えの回数も減っいくでしょう。

嬉しいから吠える場合

また、嬉しいから吠える場合は、お客さんや飼い主が、犬を相手にしないなど、別な対応をしていきます。

その他には、嬉しくて吠えるというのは、興味や興奮状態にあるので、普段からしっかり体力を使って遊ばせるなどして満足な状態にさせておくなど、普段からの対応も意外と影響します。

嬉しくて吠えてしまうなら嬉しい表現を変えられるようにしつけをしていくことです。

それにはコマンドなどを使い、来客時に「ハウス」などのコマンドを使って、一旦ゲージへ犬を向かわせるなど、こちらの言うことで犬に動いてもらえるようにコマンドをトレーニングしていくのが良いしつけ方法です。

コマンドのページなども参考にしてください。

犬のコマンド一覧と教え方 12項目でしつけよう

犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

http://nice-dog.com/dog/

コメントを残す