犬の甘がみをやめさせたい!しつけの知識

犬の甘がみをやめさせるためのしつけ知識 まえおき

yorkshire-terrier-320833_1280

甘噛みは、子犬を飼う多くの飼い主さんが抱える悩みの一つです。
単純に甘えている様でかわいい行動にも見えますが、エスカレートすると手や腕、洋服が傷だらけになってしまったという人もいるでしょう。

他の人に噛み付く心配もありますね。
今回は甘噛みをする意味と対処法についてご紹介します。

犬の甘がみの原因5分類

black-1845773_1280

犬が甘噛みをする理由は次のようなものが考えられます。
①葉が生え変わる時期でかゆい
②ストレスが溜まっている
③上下関係を確認している
④遊びの延長
⑤本能

この5つの甘がみの原因を解説していきます。

①歯が生え変わる時期でかゆい

甘噛みをするのはほとんどが子犬です。
子犬は生後数か月〜半年で歯が生え替わります。
この歯が生え替わる時期はかゆみを感じるようです。

かゆみを紛らわせるために何か噛みたくなってしまうのです。
犬用のガムや噛んで遊べるおもちゃを与えてあげましょう。

②ストレスが溜まっている

犬はストレスが溜まると、発散させるために噛んだり、吠えたりする行動をとることがあります。
散歩が足りない、飼い主さんにかまってほしい、ご飯が足りないなどストレスの原因は何かを考えて、できる限り対応してあげましょう。

③上下関係を確認している

犬は元々群れで生活していた動物で、群れの中で順位付けをしていました。
新しく家族になった子犬は、家族の中での順位がわかりません。
甘噛みをして自分より強いか弱いかを確認している可能性があります。
もしかすると自分が一番偉いと思っていて、自分に従えと噛んでいるのかもしれません。
甘噛みをしてきたら叱って飼い主が「自分より上位」なのだと教える必要があります。

④遊びの延長

子犬同士はお互いに噛み合いながらじゃれて遊びます。
人間と遊ぶときにも同じような気持ちなのでしょう。
しかし、犬同士の場合には遊びの中で噛まれると痛いということを学んでいくのですが、他の犬と遊ぶ経験の少ない犬は噛み加減を学習する機会がありません。

自分が噛まれた時の痛みを知らないのでいつまでも甘噛みを続けてしまうのです。

⑤本能

犬には狩猟本能というものがあり、動くものに噛み付いて捕らえようとします。
人間の手や足はよく動かす部分なので、目の前で動いていると本能的に噛みつきたくなってしまうのは自然なことです。

犬の甘噛みを防ぐための解決方法

animal-1851357_1280

愛犬の甘噛みを防ぐためには次の3を試してみるといいですね。

①噛んでもいいおもちゃを与える
②噛んではいけないものだと教える
③接し方に気をつける

この3つの方法から甘噛みを解決するようにしつけをしていきましょう。
それではそれぞれ解説していきます。

①噛んでもいいおもちゃを与える

子犬が甘噛みをしてきたら、噛んでもいいおもちゃを与えましょう。
これを繰り返すことで人は噛んではいけないということを学習します。

②噛んではいけないものだと教える

甘噛みをする子犬は手を遊ぶものと思っています。
甘噛みをしてきたら「痛い」と大きな声を出し、手を背中などの犬に見えないところへ隠します。
再び犬の前に手を出したときに、噛まなければ褒めてご褒美をあげます。
なんども繰り返すことで手は噛んではいけないと学習します。

③接し方に気をつける

犬は本能的に動くものに噛み付いて捕らえようとします。
手を犬の前でひらひらさせて噛み付くのを促すような遊びはやめましょう。
またロングスカートなど裾がひらひらしている服も避けましょう。
長い髪の毛もまとめて子犬の届かない位置を保ちましょう。

注意点

また甘噛みをしてきたときに、激しく怒る、叩く、押さえつける、口を抑えるなどのこういをすると、恐怖を感じ、より攻撃的な反応を起こしてしまう可能性があります。
甘噛みはいけないものだと教える必要はありますが、こうした行動はとらないようにしましょう。

犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

http://nice-dog.com/dog/

コメントを残す