しつけに時間をかけたくない人はこちらを読んでみてください
http://nice-dog.com/dog/

犬のしつけ

犬の呼び戻しは鼻タッチのトレーニングで躾けてみよう

投稿日:

鼻タッチのトレーニングの基本

鼻タッチのトレーニングの仕方を解説していきます。
犬が鼻先を手のひらにつけるコマンドは「タッチ」と言います。

飼い主さんが「タッチ」と言ってから手のひらを犬の前に出します。鼻先を付けれたら褒め言葉をかけて、ご褒美をあげます。繰り返し行うことで「タッチ」というコマンドを覚え、コマンドだけで鼻タッチができるようになります。

鼻タッチとは飼い主さんの手の平に犬の鼻先をタッチさせる行動です。最終的には手のひらに鼻先をタッチさせるのが目標ですが、最初はご褒美を握って飼い主さんの手はグーの状態でトレーニングを行います。

  1. 「タッチ」と声をかけてご褒美を握った手を犬の前に出します
  2. 犬はご褒美のにおいにつられて手を嗅ぎに来ます
  3. 犬の鼻先が手についたらすかさず「いい子」「上手」」イエス」など短い言葉で褒め言葉をかけて手の中のおやつをあげます

これを繰り返すと犬は、鼻先を飼い主さんの手に付けると中のご褒美がもらえると学習します。

これを何度か繰り返し、スムーズにできるようになったら、今度はご褒美を持たずに「タッチ」と言って、手はグーにして犬の前に出します。犬が手に鼻先を付けれたら褒め言葉をかけてご褒美をあげます。

これを繰り返すと、犬は鼻先を手に付けたらいいことが起こると学習します。

スムーズにできるようになったら、「タッチ」と言って、手を開いて犬の前に出します。犬が手のひらに鼻先をタッチできたら褒め言葉をかけてご褒美をあげます。

手の形をグーからパーに変えるだけでできなくなってしまう犬もいます。その場合には、グーの時に手のひらの方が犬に向くようにして練習し直しましょう。できるようになったら、グーを少しずつ緩めていき、徐々にパーの形にしていきます。

STEPに分けて鼻タッチトレーニングをする

STEP1 手のひらにご褒美の匂いをつける

手のひらにご褒美のにおいを付けます。
この時はにおいを付けるだけでご褒美は持ちません。
においを付けた後はご褒美をポケットに戻しておきます。

STEP2 手のひらに犬の鼻先が当たるようにする

手のひらを愛犬の鼻の前で開きます。
愛犬がにおいを嗅ぎに鼻を近づけてきて手のひらに鼻先が当たったらすぐに褒め言葉をかけてあげてからご褒美を与えます。
褒め言葉は「good」「よし」「いい子」など短いものに決めておきましょう。

ご褒美のにおいが付いた手のひらを犬の前に出しても鼻をつけてくれない時には、犬が鼻を近づけてきた時に飼い主さんが手を動かして、手のひらを愛犬の鼻先にチョンっと当てましょう。当ててから褒め言葉をかけてご褒美をあげます。

これを数回繰り返したらから、今度は手のひらにに愛犬から鼻先をつけてくるのを待ちます。できなければもう一度飼い主さんが手のひらを動かすところからやり直しましょう。

STEP3 手のひらを色々な所へ動かす

犬が手のひらに鼻先を付けるといいことが起こると学習し、これができるようになったら、今度は手のひらを顔の前ではなく、色々なところへ動かします。それでも犬が近づいてきて鼻先をつけることができるようになったら次はコマンドを教えます。

STEP4 鼻タッチと言って鼻に手が当たったらご褒美

手におやつを握ってグーにします。「鼻タッチ」と言いながら手を犬の顔の前に出します。犬がにおいを嗅ぎに来て、鼻が手に当たったら握っていたおやつをあげます。近づいて来ても鼻が手に当たるまで来なければ、こちらからチョンっと手を鼻に当てておやつをあげます。

これを繰り返して、犬が鼻を手に付けたらおやつがもらえると学習し、スムーズにできるようになったら、手を色々なところに出して、犬から鼻をつけにくるようにトレーニングします。

STEP5 位置や場所を変えて鼻タッチさせる

スムーズにできるようになったら、鼻の近くではなく、犬の後ろや横、上、下など色々な位置に手を出して鼻先を近づけてくるようにトレーニングします。トイレの前や違う部屋など場所を変えて行ってみましょう。

できるようになったら「タッチ」と声をかけて手を出すようにします。犬が鼻先を付けたらクリッカーを鳴らしておやつをあげます。

ピースをして、人差し指と中指をくっつけ、犬の鼻に近づけます。犬がタッチしたらクリッカーを鳴らしておやつをあげます。これを繰り返すことで犬は鼻を指に付けるといいことがあると学習します。



犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

-犬のしつけ

Copyright© 犬のしつけ事典 | 犬の気持ちと種類から , 2018 All Rights Reserved.