犬が穴掘りをする原因はこれ

犬が庭の土を掘るということを経験したことがある飼い主も多いと思います。
また床などをひっかくような動作をして穴を掘っているような印象を受ける仕草もあります。

よく愛犬が布団などを掘っているような動作を見る人も多いのではないでしょうか?

この意味はどの様なものかというと、寝心地の良い環境作りをしていたり、野生の本能で自分が食べ残したものを土の中に隠すということや、穴を掘ることで外敵から身を守ったり、子育てを昔は穴の中で行っていた狼の習性から現代に現れているという見方があります。

まとめると次のようになります。

・寝心地のため
・食べ残しを隠すため
・身を守るため
・子育てのため

また、これ以外につまらないから穴を掘って退屈を紛らわしている場合、つまり遊びで穴を掘っているという場合もあります。

穴掘りが楽しいからやっていると考えるとよりわかりやすいでしょう。

例えば人間でもつまらない時に何となくテレビを見たりネットサーフィンをしたりしますが、面白い番組を見たくてテレビを見たり、見たいサイトがあってインターネットをしたりもします。

これと同じで犬も興味は退屈しのぎとして穴を掘っているとも考えられているわけです。

この他いい匂いがする場合に穴を掘っているなど、犬の嗅覚の鋭さなども穴を掘る理由として考えられます。

また運動不足からストレス解消のために穴を掘っていたり、不安を紛らわすために穴を掘っていたりすることもあります。

こういうものは犬のカーミングシグナルと言って、気持ちを落ち着かせるための動作なので被害がなければ無理にやめさせないようにしましょう。

そして不安やストレスを抱えているのが分かればその原因をなくしたり、犬に対しての接し方を変えて行くようにして、ストレスや不安を取り除いてあげるのが良いでしょう。

新しい飼い主の気を引きたいがために穴掘りをやっている場合、 飼い主が下手に反応してしまうと犬はそれが飼い主が反応してくれると思って、悪い癖がついてしまう可能性があるので要注意です。

まとめると以下のようになります。

・退屈しのぎ&遊びで穴掘り
・いい匂いがするから穴掘り
・運動不足から穴掘り
・ストレスや不安で穴掘り

穴掘りをしやすい犬種


また犬種によって穴掘りを良くする犬と、あまり穴掘りをしない犬種に分かれます。

穴掘りをしやすい犬種というのは、その成り立ちが穴を掘ってネズミを捉えていたり、穴を掘ることが生活の一部になっていた名残がある犬種です。

代表的な犬種を上げると次のようになります。
・ダックスフント
・テリア系(ケアーンテリアなど)
・ミニチュアシュナウザー
・シベリアンハスキー
・ビーグル
・ボーダーコリー

この様に基本的には本能的に穴を掘っているので、しっかりしつけトレーニングをされた犬でなければなかなか穴掘りをやめさせるのは難しいかもしれません。

犬種やしつけを基本からしっかりやって穴掘りをやめさせていきましょう。

犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

http://nice-dog.com/dog/

コメントを残す