しつけに時間をかけたくない人はこちらを読んでみてください
http://nice-dog.com/dog/

犬のしつけ

散歩中に他の犬と喧嘩をする原因としつけ

更新日:

このページでは、散歩中に他の犬と喧嘩をしてしまう犬のしつけや、なぜ喧嘩をしてしまうのかの原因について解説していきます。

犬を飼っていれば必ず散歩はするものですが、散歩の途中に他の犬と遭遇すると仲良くできる犬と喧嘩をしてしまうに分かれます。

犬が犬と出会い仲良くできない場合、社会性に問題があることが多いもので、それは犬が子供の頃から育ってきた環境に起因する場合が多いのです。

周りの犬に良い思いを持っていなかったりすると仲良くできないのは当然で、子犬から成犬に育つ過程で多くの犬と性してこなかったり、嫌な思いをしてしまった場合などに、出会った犬と喧嘩をしやすくなる犬になってしまいます。

これは人で考えるとわかりやすいのですが、人間不信の人が出会った人に挨拶をしなかったりちょっとした事でキレてしまったりするということに似ているでしょう。

社交的でない犬の場合、まずは周りの犬が怖いものではないと言う事を教えてあげるのが一番でしょう。

その方法としては、優しい犬に接してもらったりして少しずつ犬への警戒心を解いていく様なゆっくりとした方法や、仲良くできたら飼い主がすごく褒めてあげるなどのご褒美をあげるなど、犬が犬と仲良くなることで、犬と出会っても警戒する必要がなく、とても良いことだという認識を強めていく様にしていくことが大切です。

また犬は正しいことや間違っていることを認識しにくいので、犬と出会って吠えるとか喧嘩をすると言う行為が正しい行為だと思っていることもあります。

これは飼い主が愛犬が吠えた時にどの様な態度をとっているかなどによって犬が勘違いしてしまうことがあるからです。

吠えた時に優しくしてしまったり、犬を勘違いさせる行動をとってしまった場合、犬はそれを間違って学習してしまい、吠えることによって飼い主に優しくしてもらえると言う学習をしてしまうのです。

吠えるということを繰り返したり喧嘩をすると言う事を繰り返したりする様になるわけです。

この様な原因などもわかれば良いのですが、分からない場合は犬の社会性を育てるつもりで、優しい犬などに協力してもらい、喧嘩をしなかったり吠えなかったりしたら褒めてあげるということを繰り返してトレーニングをしていくなどがおすすめです。

多頭飼いで喧嘩をする場合はこちら
http://nice-dog.com/inu-tatougai-situke/



犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

-犬のしつけ

Copyright© 犬のしつけ事典 | 犬の気持ちと種類から , 2018 All Rights Reserved.