シベリアンハスキーがわかる6項目

いたずら好きなシベリアンハスキーの魅力に迫る!

%e3%82%b7%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc4
かっこいいシベリアンハスキーに憧れるけれど、慣れてくれるのか心配になりますよね。
実はシベリアンハスキーは人懐っこくいたずら好きで、忠誠心の強い犬なのです。
大型犬が好きな人や、独特の強面であるシベリアンハスキーを知りたい人に、その魅力をご紹介していきます。

シベリアンハスキーは寒さ知らずの力持ち

%e3%82%b7%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc6シベリアンハスキーは、シベリア生まれでマイナス50℃の中でも生きていられるように、ふさふさの毛で覆われています。
ふさふさの毛は、シベリアンハスキーの勇ましさと可愛らしさを引き立てていますね。

エスキモーを支え、犬ぞり・運搬・狩猟補助と寒さに強く体力があり力持ちです。
アラスカでは、財産の一つとして大事にされているほどの犬なのです。

寒さ知らずのシベリアンハスキーですが、極寒の土地では耐えられても、暑さは苦手。
シベリアンハスキーは外で飼うイメージが強いですが、日本の暑さを考えると室内犬として迎えるほうがいいようです。

外で飼う場合には、水分をしっかりと摂れるようにし、風通しが良く日影が出来るところに、ハウスを置き快適に過ごせるようにしましょう。

暑いときには室内、日が落ちたら室内ということも出来ますが、理想はシベリアンハスキーが自由に内と外を行き来できることです。

この辺りは躾次第ですね。

シベリアンハスキーの性格は活動的でいたずら好き

%e3%82%b7%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc14
シベリアンハスキーは、成犬でオス・メスともに体長50~60cmで、体重が16~28㎏と大きいほうです。
しかも活動的でじっとしているのが苦手で、いたずら好きなので、少々やんちゃな感じの犬という印象でしょう。

好奇心と冒険心が強く、何でも口に入れてしまうので、シベリアンハスキーが届く範囲には、物を置かないようにしておくのがしつけ上では無難でしょう。

そして隙あらば外へと考えているおちゃめなところもあるので、庭で放したら、どこかへ行ってしまうということにならないよう気を付けましょう。

やんちゃで手におえないイメージかも知れませんが、仲間意識が強く、飼い主に忠誠心があるため、多頭飼いに向いています。
さらに清潔好きでスキンシップや家族との触れ合いが大好きなので、やきもちをやくこともあります。

やんちゃで可愛いのがシベリアンハスキーの魅力といえそうですね。
しかし当然、しつけ次第なので、しっかりしつけていくことを忘れずに。

シベリアンハスキーはストレスに弱い

%e3%82%b7%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc10
いつでも元気なシベリアンハスキーですが、ストレスに弱いところがあります。
暑さもそうですが、汚れや運動不足、スキンシップや触れ合いが少ないなどが続くと、ストレスから病気になりやすい繊細さもあります。

ストレスを溜めないように、シベリアンハスキーには時々ドッグランに連れて行って思いっきり走らせたりするのもいいかと思います。
暑いからと室内にばかりいると、動きたくてうずうずし無駄吠えをすることもあります。

シベリアンハスキーは、遠くにいる仲間と連絡を取るため本能的に遠吠えをすることがありますが、幼児犬のころからしつけることで、防ぐことが出来ます。

スキンシップとふれあい、散歩がシベリアンハスキーにとってストレス解消になります。

かまってかまってのシベリアンハスキー

%e3%82%b7%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc11
シベリアンハスキーは、飼い主に忠実で賢くしつけしやすいですが、飼い主に気に入られたいあまり、他の犬に意地悪をしたり、物を噛んだりすることがあります。

かまってかまってのシベリアンハスキーなので、思う存分甘やかしながらほめながらもしつけるというのが合うようです。
ただし、犬のしつけの大原則である主従関係はしっかり保つようにしてください。

シベリアンハスキーのような大型犬が、しつけができないまま育ってしまうと飼い主は、かなりの苦労を背負い込むことになりそうですよ。

シベリアンハスキーを家族として迎える準備をしよう

%e3%82%b7%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc9
シベリアンハスキーのには特別これといって準備をするものはありませんが、室内で飼うのならサークルを、外で飼うのなら屋根付きで、風通しがいいものにしましょう。

穴を掘ったり、気になったものは何でも口に入れてしまうので、庭でも穴が掘れないところで、物を周りに置かないだけのスペースは必要です。

特に外で飼うときには、しつけが追い付かずに無駄吠え・遠吠えをする心配があるので、隣近所へ一言伝えておきましょう。

首輪・リード・食器・トイレなどは必要です。

シベリアンハスキーの手入れの目安

%e3%82%b7%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc7
ブラッシングですが、週1~2回程度で大丈夫です。
清潔好きなのに、シャワー嫌いなシベリアンハスキーの体が汚れたら、タオルで拭きブラッシングをしてあげましょう。

季節の変わり目などには毛がごっそりと抜けることがあります。
毛が抜ける時期に入ったら毎日ブラッシングして清潔を保つようにしましょう。

スキンシップ・ふれあいの時間は好きなので、手入れの時にしっかりスキンシップをとってあげることで、シベリアンハスキーは喜びます。

シベリアンハスキーのまとめ

%e3%82%b7%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc15
シベリアンハスキーはシャープな顔立ちで、体力もあり力持ちで、性格がきつそうなイメージがありますが、実は甘えん坊でいたずら好き・好奇心旺盛なやんちゃな犬です。

暑さとストレスはシベリアンハスキーの寿命を縮めてしまうので、過ごしやすい環境を作りスキンシップ・ふれあい・散歩でストレス解消をしてあげましょう。

しつけはほめてのばすようにするとスムーズにいきます。

見た目と違ってかまってほしいシベリアンハスキーは、家族として迎えやすい大型犬ということで、シベリアンハスキー 特徴がわかったのではないでしょうか?

犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

http://nice-dog.com/dog/

コメントを残す