外出先で犬が排泄しない場合

気分転換やストレス解消を兼ねて、犬と一緒に遠出やドライブをする飼い主はいると思います。
ですが、その時に気になるのが、愛犬が自宅以外のトイレで排泄できるかどうかです。
なのでここでは、愛犬に外出先で排泄させる方法を解説していきます。

外出先で排泄させる方法

トレーニングをしておかないと、外出先にいつものトイレがないので排泄できず、ガマンをした結果粗相をしてしまいます。
この行動は、仔犬や若い犬に多く見られる傾向にあり、歳を重ねるにつれて自然に外でも排泄するようになります。

しかし、普段の排泄の時間帯がある程度分かっている場合は、号令を使って排泄をコントロールできるようにもできます。
そうなると、外出先でも排泄に困らず便利ですね。

号令による排泄コントロール法

犬 トイレ しつけ10

号令で排泄をコントロールする方法は、まず、排泄と号令とご褒美を関連付けることから始めるのが一般的。
犬に合わせて号令をかける排泄を始めた瞬間に声や音で号令をかけ、排泄が終わったらご褒美をあげる。

パブロフの犬のような条件反射に似たトレーニングですね。
このトレーニングを繰り返すことによって、排泄、号令、ご褒美が結び付けられます。

時間帯で号令をかける

次に、排泄する時間帯を見計らって前もってトイレに誘導し、号令をかけて排泄を促し、ちゃんと排泄ができたら褒めてあげる。

この繰り返しを続けることで号令と排泄が関連付けられます。

関連付けができたら、外で練習をしてみましょう。

飼い主が犬の行動パターンを理解していないと難しいので、普段から犬の行動をよく観察するようにしましょう。

表面上だけ捉えて機械的に躾をしていると、トイレに行ったフリや排泄したフリをして、ご褒美だけもらおうとす犬も出てきます。

躾は形だけではなく、その犬を観ながら細かい部分を工夫していくようにしましょう。

そして号令などを使うと愛犬がかわいそうですが、最終的には排泄のしつけとして、号令なしのレベルを目指してください。

トイレの場所を覚えさせるようにし、自分で排泄できる犬に育てることが大切です。

犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

http://nice-dog.com/dog/

コメントを残す