しつけに時間をかけたくない人はこちらを読んでみてください
http://nice-dog.com/dog/

犬のしつけ

来客で吠える犬のしつけ

投稿日:

あなたの家に人が来た時に愛犬が吠えて困る場合、下記の3点が主な原因である場合が多いものです。

・警戒心から吠える
・不安感から吠える
・嬉しいから吠える

お客さんが来たときに犬が吠える理由はいくつかありますが、代表的なものはこの3つ。

警戒心・不安感から吠える

犬が人に対して警戒心や不安感がある場合、人が家に入ってきて何が起こるか不安・警戒している状態です。
人と人で考えれば、敵意がないことを伝えればいいわけですね。

犬も同じですが、犬は言葉が通じません。
それに人と違って防衛本能が強く働いていることもあります。
その辺りを理解してしつけをしていく必要があります。

犬は言葉をしゃべれないので、行動で示すことが大切です。
人が来たら良いことがあるというように、犬がわかるようにしていけば警戒や不安が解け、吠えるのをやめるということです。

そのためには、最初は家に入ってきた人におやつなどをあげてもらうなどして、犬の警戒心や不安を解くことをしてしつけをしていくといいでしょう。

犬の警戒具合にもよるので、やりかたは少しずつ違ってきますが、犬も人もコミュニケーションの中で不安や警戒心が解けていきます。

警戒しなくて良い相手だとわかれば吠えることはなくなります。
その経験が増えていけば、家に来るお客さんは警戒しなくていいというように学習し、不安になることも減っていき、無駄吠えの回数も減っいくでしょう。

嬉しいから吠える

また、嬉しいから吠えるという場合は、興奮を落ち着かせたりするしつけ方をしていきます。
コマンドなどを使って吠えることをやめさせていき、吠えないように躾をしていきましょう。

基本的には相手をせずに無視することから始めて様子を見ていくことが簡単です。
目を合わせず、構わず無視をする。
長時間無視し続けても吠え続けるようなら無視は有効ではないことになります。

次に、部屋を出ていくことをやってみましょう。
飼い主やお客さんがいるから嬉しくて構ってもらいたくて吠えている事が多いので、愛犬をその場に残して別な部屋に行き、ドアを閉めてしまうなどし、吠えが止むかをみてみましょう。

参考にして、吠えないようにしつけをしてみてください。

知らない人に慣れさせるしつけ

家族は平気なのに、家族以外の人や他の犬とは仲良くできないという犬も多いもの。このような犬は散歩中に知らない人や犬に出会うと、吠えたり、噛み付いたり、逃げたり、怯えたりという行動を取ってしまいます。

また家にいる時でも来客があると、お客様に向かって吠え続けるという行動をする犬もいます。

吠えたり、噛み付いたりするという行動は迷惑ですしとても危険です。きちんとトレーニングをしておきたいですね。ですが、強引に知らない人や犬に近づけたりするのはいけません。犬が余計に嫌な思いをして怖がってしまい、吠えたり噛み付いたりという行動がひどくなってしまうことがあります。

まず、「知らない人や犬が苦手」ということを飼い主さんが受け入れてあげて少しずつ慣らしていきましょう。

「吠える」「噛み付く」という行動と「逃げる」「怯える」という行動は一見正反対のように思えますが、どちらも「怖い」という気持ちから取ってしまう行動なのです。

このような行動を取ってしまう原因は「社会化ができていない」「以前怖い思いをしたというトラウマがある」ということが考えられます。

犬には社会化期というものがあります。この期間は生まれてから約12週から14週ごろまでの間しかありません。この3か月の間に色々な場所に連れて行き、他人や他の犬に合わせたり、自動車や工事現場、人混みなど外の音を聞かせることがとても大切なのです。

幼い子犬でも予防接種が終わったら積極的に外出するようにしましょう。

ただいきなり大きな音がする場所や知らない人に近づいてこられたりすると犬は怖がってトラウマになってしまう可能性もあります。無理はさせず、初めは抱っこをしたり、キャリーに入れたりと犬が安心できる状態で行いましょう。

子犬の頃に社会化ができて入れば、知らない人や他の犬に怖がって吠えたり、噛み付いたり、怯えたりという行動を取ることはありません。

では、社会化ができなかった場合にはどうすればよいのでしょうか。

社会化トレーニング

知らない人が怖い犬に、知らない人が近づいたり、触ろうとしたり、じっと見つめたりすると警戒心をさらに高めてしまう可能性があります。いきなり触ろうとしたりするのはやめましょう。

知らない人からご褒美をもらう

まずは知らない人からご褒美ををもらうというトレーニングです。これを行うことで知らない人への恐怖心も和らぎます。大切なのは近く時の角度やスピードです。家族以外の人に協力してもらって行いましょう。

散歩での社会化

飼い主さんがリードを持って立ちます。知らない人がいきなり正面から早いスピードで近づいてくると怖がってしまうので、ゆっくりと歩き、犬の目を見ないように近づいてください。1メートルほど手前で後ろ向きにしゃがみ、片手をリレーのバトンをもらうように後ろに出します。

リードは短く持って飼い主さんと一緒に近づきます。そして飼い主さんがその手の平の上におやつなどご褒美を置きます。犬が知らない人の手から食べられればOKです。犬がご褒美を食べたら知らない人は立ち上がって犬の方は振り向かずその場を去りましょう。

食べない場合

警戒して食べない場合には無理に食べさせないようにしましょう。無理やり行うと犬は知らない人に対して恐怖心を強めてしまいます。食べなかったら一度その場を離れ、落ち着いてからもう一度挑戦してみましょう。飼い主さんが笑顔で接してあげていると犬は安心します。トレーニングは優しい表情で行いましょう。

後ろ向きの人からご褒美をもらう

後ろ向きの知らない人の手からから犬がご褒美を食べられるようにトレーニングしてみましょう。できるようになったら、今度は少し顔が見えるように横向きに座ってやってみましょう。

顔が見える状態でご褒美をもらう

やり方は先ほどと同じです。犬と1メートルほどの距離のところで横向きにしゃがみます。飼い主さんはリードを短く持って犬と一緒に近づきます。知らない人は横に手を出しておいて、その手の平にご褒美を置きます。犬が食べられたらOKです。この時知らない人は犬の目を見ないようにしましょう。目が合うと犬が警戒してしまいます。



犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

-犬のしつけ

Copyright© 犬のしつけ事典 | 犬の気持ちと種類から , 2018 All Rights Reserved.