散歩/犬の躾

散歩したがらなくなった犬の理由と対処法

更新日:

散歩したがらなくなった犬の理由とは?

散歩嫌いの理由としては、家以外の外の社会に不安や恐怖を感じている場合、外出した時に怖い目に遭ったことがある場合、体調が悪い場合などが挙げられます。このような事を考えてみると当てはまりやすく、良いと思います。

自分の犬がどの状況に当てはまるのかよく観察して、それぞれの状況の改善方法を実践して散歩嫌いを克服させましょう。

散歩したがらなくなった犬の改善方法とは?

大抵の犬は散歩が大好きです。しかし犬が散歩したがらない場合もあります。その理由としては、 家以外の外の社会に不安や恐怖を感じている場合が挙げられます。家以外の外の社会に不安や恐怖を感じている場合、行動範囲を少しずつ広げていくことで慣れていきます。

なので、いきなり散歩しようとせず、家の外に出る事から徐々に行動範囲を広げていきましょう。
安全だと思える範囲を広げていくということです。

外出した時に怖い目に遭ったことがある場合、外出時に怖い目に遭った場合も、外の社会に不安や恐怖を感じている場合と同じで、徐々に行動範囲を広げることがポイントです。

歩くことを嫌がるのであれば、抱っこやカートに乗せて外の空気に触れさせることからはじめましょう。どのような体験をして散歩嫌いになったのかがわかれば、解決も早まります。

なので、地道に何を極端に嫌がっているかなど、愛犬を観察して原因を知っていくとよいですね。

公園や広場で遊ばせることで、外の世界が楽しい事を教えて、そこから行動範囲を広げるのもいいかもしれません。

犬の散歩

犬が他の犬を怖がるなどの犬嫌いの場合は、人間ではなく、よく躾された穏やかな犬に遊んでもらうのがいいでしょう。

社会化ができていない犬の場合、犬同士の繋がりに馴染ませていく事が必要なので、犬との接触を徐々に増やしていきます。 今は、ドッグランや犬幼稚園というものもあり、そういう場所を利用してみるのもいいかもしれません。

ただ、犬のペースを考えて、焦らないことが大切です。まずはよくしつけされた犬を探してみるなど、犬が他の犬に警戒心を抱かないように慣らしていけるに躾をしていきましょう。

体調が悪い場合

体調が悪くて散歩に行きたくない場合、これは言うまでもありません。愛犬をしっかり休ませてあげてください。

長く続くようなら大きな病気も考えられるので、動物病院などへ行くことも検討しましょう。
これらの情報が愛犬との快適な暮らしのお役に立てば幸いです。



こちらにしつけについて一番大切なことを書いたので、ぜひ一度読んでみてください↓

  知らないと苦労が増え続ける!しつけが必須である理由とは?

-散歩/犬の躾

Copyright© 犬のしつけ事典 | 犬の気持ちと種類から , 2019 All Rights Reserved.