コマンド

犬が足の間を潜るコマンド、スルーの教え方

投稿日:

犬のスルーは飼い主の足の間を八の字にくぐりながら歩くトリックです。スルーを教えるにはツケやヒールウォークができるようになっていることが大切です。ヒールウォークやツケとは犬が飼い主の横に寄り添って歩く事で、飼い主の歩くペースに合わせて犬が歩くということです。

スルーのトレーニング方法

スルーのやり方
  1. 左手にドッグフードやおやつをいくつか持っておきます。少しずつ千切って右手にはつまめる程度持ちます。右手で誘導します。
  2. まずは飼い主さんの横におすわりをさせるため「ヒール」や「ツケ」とコマンドをかけます。犬が飼い主さんの左側でおすわりができたらおやつをあげます。
  3. 「スルー」とコマンドをかけてから飼い主さんは右足を大きく一歩出します。犬は飼い主さんの足の内側から入って外側へ抜けるようにします。右足の下を通れるようにおやつで誘導します。足をくぐり抜けてからおやつをあげましょう。

 
このような形でトレーニングしていきますが、ヒールやツケができていないと、なかなかスルーまで行かない流れなので、まずは愛犬が上手く飼い主の指示を理解し、飼い主に付いてくるようにするのがスルーへの近い道です。

STEP1 1つ1つの動作がしっかりできるようにスルーの訓練を行う

ではもう少し詳しく解説していきます。飼い主の横へ付かせておすわりをさせます。飼い主は「スルー」とコマンドを言って左足を大きく一歩出し左足の下を内側から外側へ通れるようにおやつで誘導します。犬が完全に通り抜けてからおやつをあげましょう。これを繰り返し行います。スムーズに足の下を潜れるようになってきたら続けてスルーができるようにしていきます。

例えば右足をくぐり抜けたところで止まってしまい、左足をくぐれなかったとします。こういう場合は、左足を叩くなどして気を引くようにしてみますが、それでもダメなら無理はさせず、もう一度飼い主の右側に付かせてからやり直します。

何度も行なって右足、左足とスムーズに潜れるようにしていきましょう。できるようになってきたらおやつを持たずに手の誘導だけで行なってみましょう。手は開いた状態で誘導します。右足、左足とくぐることができたら左手からおやつを千切ってあげます。何度も繰り返して、手の誘導がなくてもコマンドだけでできるようになるまで練習をしましょう。

STEP2 スピードを上げてスルーを繰り返す

コマンドだけでできるようになってきたら右足、左足、右足、左足というようにスルーの回数を増やします。足の下をくぐることが簡単にできるようになってきたらより早くできるようになるために、飼い主さんは徐々に歩くスピードをあげていきます。できてきたら徐々にご褒美のおやつ無しでやっていきます。

STEP3 スルーが上手く行かない箇所を見つけてそこを改善する

「ヒール」や「ツケ」と声をかけて飼い主の横に付かせます。この時はピタッと寄り添うように立ちましょう。もし少し距離があったら飼い主さんが犬の方に近づき「こうだよ。」と声をかけて教えてあげます。もしうまく寄り添うことができなかったら一度歩かせてからもう一度ヒールやツケのポジジョンに着くように誘導します。

飼い主は右足を出し「ヒール」もしくは「ツケ」と声をかけます。犬が反応しなかったら足の外側から手をひらひらさせて注意を引き誘導しましょう。右足をくぐり抜けられたら左足を出し「ヒール」「ツケ」と声をかけて誘導します。これを繰り返します。上手く行かない場合は飼い主のコマンドに反応しているか、コマンドと犬の動作が繋がるかの部分を見て直しましょう。

犬が興味を引くようにして、なんども回数を重ねていくこと、できたらおやつや、褒めるなどのご褒美があることを繰り返していきます。

犬は飼い主に褒められることが大好きです。失敗しても起こるのではなく、優しく声をかけてやりなをせるようにしてあげましょう。あとはこれらを犬の反応を見ながら上手くできるようにしつけて行くことを繰り返します。



こちらにしつけについて一番大切なことを書いたので、ぜひ一度読んでみてください↓

  知らないと苦労が増え続ける!しつけが必須である理由とは?

-コマンド

Copyright© 犬のしつけ事典 | 犬の気持ちと種類から , 2019 All Rights Reserved.