コマンド

犬のコマンドお手(ハンド)のトレーニング

更新日:

お手はかわいい一発芸はもちろん足拭きをする時にも使えます。お手をする時には座る姿勢を維持する必要があるのでおすわりができるようになってから行いましょう。犬にわかりやすいようにわかりやすく短い褒め言葉を決めておきましょう。

STEP1 手を乗せさせる

まずは前足が手に乗る行動を引き出します。おすわりができたらご褒美を一粒握り、犬の前足の付け根の少し上あたりにします。犬が手をこじ開けようと手を乗せたら「いい子」と褒め言葉をかけて手を開きご褒美をあげます。この時に手の位置が高すぎたり、低すぎたり、横にずれたりしないようにしましょう。

STEP2 手の形を変えていく

スムーズに毎回できるようになったら手の形を変えていきます。小さいご褒美を手を開いた状態で乗せて、親指で抑えて隠します。犬の足の付け根の少し上あたりに出し、犬が手を乗せたら「いい子」と褒め言葉をかけてご褒美をあげます。

STEP3 ご褒美なしでお手を行う

次はご褒美を持たずにできるようにトレーニングしていきます。先ほどとは反対の手にご褒美を持ち後ろに隠します。犬の前に出す手にはご褒美は持ちません。手のひらを差し出して犬が先ほどと同じように前足を乗せられたら「いい子」と褒め言葉をかけて反対の手からご褒美をあげます。これを繰り返し行います。

STEP4 言葉をかける

次は言葉をかけていきます。手を差し出す前に一度だけ「オテ」と言って一呼吸置いてから手を差し出します。犬が手を乗せたら「いい子」と褒めて反対の手からご褒美をあげます。

STEP5 ご褒美の回数を減らす

これもできるようになったらご褒美をあげる回数を減らしていきます。毎回あげていたご褒美を2回に1回、3回に1回と徐々に減らしていきましょう。時々ご褒美を与えることで「オテ」をしっかり覚えてくれます。「オテ」がしっかりと覚えられたら反対の手の「オカワリ」にも挑戦していきましょう。

飼い主さんの正面におすわりをさせます。手にご褒美を握って「オテ」と言ってから犬の前に出します。犬がご褒美を取ろうと手を乗せたらもう一度「オテ」と言ってからご褒美をあげます。

もしご褒美を握った手に手を乗せず舐めてたり、においを嗅いだりするだけの場合には、一度手を引いてもう一度「オテ」と言って犬の前に出してみましょう。飼い主さんの手の位置は犬の足の付け根の辺です。位置が高かったり、低かったりすると犬が手を乗せずらく乗せてくれないのかもしれません。

犬と向かい合っておすわりをさせます。犬の前足の裏側の肉球辺りを触ります。嫌がって足を動かし逃げるかもしれませんが、笑顔で接し、嫌なことではないと教えましょう。触らせてくれたらご褒美をあげます。繰り返すことで「足を触らせてあげるといいことがある」と学習させます。触ると足を少し上げることがあります。この時に足を救って手に乗せオテの形にします。たくさん褒めてご褒美をあげます。

これを繰り返し、手を救った時に「オテ」と声をかけるようにしましょう。これを繰り返していくと「手を乗せる」と「オテ」が結びついていきます。
「オテ」ができるようになったら反対の手を出す「オカワリ」もしましょう。

犬と向かい合って座ります。犬もおすわりをさせます。飼い主さんは左手でご褒美を持ちます。右手に少し持つふりをして「オテ」と言いながら犬の前に右手を出します。犬の右足よりの体に近いところに出しましょう。犬がその手に手を乗せたら「そうそう」と声をかけて左手からご褒美を右手に取って、右手からご褒美をあげます。これを何度も繰り返します。

できるようになったらオカワリを練習させます。今度は「オカワリ」と声をかけながら犬の左足に近い体よりに手を出します。はじめは右足を乗せようとします。右足を乗せようとしたら手に乗せられないように避けて「違うよ。こっちだよ」と左足を指差し、もう一度「オカワリ」と左足よりに手を出します。できたら褒め言葉をかけてご褒美をあげましょう。

犬と向かい合って座ります。アイコンタクトをします。左手にご褒美を持って犬が届かないように肘を曲げ飼い主さんの頬の高さぐらいにしておきます。右手に少しご褒美を取って「オテ」と声をかけて犬の右足の近くに手を出します。この時手はグーにしておきます。犬が足を乗せたら褒め言葉をかけて手を開いてご褒美をあげます。

できたら次に「オカワリ」と言って左足の近くに手を出します。右足を乗せようとしたら「違うよ。」と優しく声をかけて右足は手に乗せられないようにします。何度もすることで、反対の足を乗せたらすぐに褒め言葉をかけてご褒美をあげましょう。これを繰り返すことで「オテ」と「オカワリ」を覚えます。



こちらにしつけについて一番大切なことを書いたので、ぜひ一度読んでみてください↓

  知らないと苦労が増え続ける!しつけが必須である理由とは?

-コマンド

Copyright© 犬のしつけ事典 | 犬の気持ちと種類から , 2019 All Rights Reserved.