犬のしぐさの意味まとめ

%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%95%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%991
犬がする仕草といえば、しっぽを振ったり、においを嗅いだり、舐めたりなどなど。
いろいろありますね。
こういった犬の仕草には、実はその行動ひとつひとつに意味があり、犬の気持ちを現していたのです。

どんな気持ちのときにどんな仕草をするのか分かっていれば、より愛犬との生活が楽しくなりますね。

ここでは代表的な犬の仕草についてご紹介します。

飼い主の顔や口を舐める犬のしぐさの意味

まず、犬がよく見せる行動のひとつに、飼い主の顔や口を舐めるしぐさがあります。

これは飼い主への親愛の情を示す行動となります。

自分よりも立場が上のものに対してのオオカミ流のあいさつ、というのが起源となっており、それが飼い主に行われる場合は親愛の情になるのです。

首をかしげる犬のしぐさの意味

首を傾げる犬のしぐさの意味

次に、首をかしげる動作があります。
犬が首をかしげる姿はとても可愛らしく見えますね。
犬に話しかけたとき、もしくは何かしらの音に対して、犬が首をかしげるしぐさがよく見られます。

とても可愛らしい動作で目を惹かれますが、このしぐさは、首をかしげている時は何か不安に思っていることや不思議がっている時だったり、犬自身が気になった音を感じたときに、もっとよく音を拾おうとして耳の角度を変えているなどの意味が多いといえるでしょう。

例えば、散歩やご飯など、犬自身が覚えている好きな事柄に関する言葉を拾ったときなどは、この仕草をよく見せてくれることがあります。
ただ、何度も首を傾げているようなら、人がその姿を見て喜んでいると思い繰り返しているということもあります。

仰向けになってお腹を見せる犬のしぐさの意味

お腹を見せる犬のしぐさ (4)

次に、仰向けになってお腹を見せる仕草があります。

お腹は動物にとって最も弱い部分です。

そこを相手にさらけ出すという行為は、相手に服従、降参を示す意味に繋がります。

犬が寝ているときに仰向けになっている姿も見られますが、これは飼い主に対して大きな信頼や安心を感じているからこそ見せてくれる仕草だといえます。

犬が自分の足を舐めるしぐさの意味は?

逆に、犬が不安を感じているときに見せる仕草として、自分の足を舐める、というものがあります。

緊張状態のときや何かしらのストレスを感じているときに、この仕草を見せることがあります。

飼い主から構ってもらえず、愛情に不安を感じた場合も犬にとってストレスとなることがあります。

この仕草を確認した場合は、何が不安やストレスの原因となっているのかを考えてあげるようにしましょう。

犬があくびをする意味は?

犬のあくび

また、あくびをするという動作も、犬にとっての不安、ストレスのサインである場合があります。
緊張をほぐし、自分を落ち着かせるための仕草なのです。
また、叱られているときにあくびをすることがありますが、それは反省している証拠である事も多いでしょう。

もちろん眠いときにもあくびをすることがありますが、犬の場合は何かしらの興奮や緊張状態にあるときのサインとしてもあくびをすることがあるため、知っておくと良いでしょう。

自分の鼻・口周りを舐める

%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%95%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%9910
ストレスや落ち着かない状態にある犬が、自分の鼻や口周りを舐めるしぐさをすることが多いと言われています。
例えば飼い主にすり寄ってきて鼻や口周りをぺろぺろと舐め続けている場合、飼い主にストレスを感じているのでしょうか?
当然そのような場合もあるかもしれませんが、飼い主にストレスを解消して欲しくてすり寄ってきていると考えられますね。
犬のしぐさも表情や組み合わせや雰囲気などまで考えると意味がわかりやすいでしょう。

犬が舌を出しっぱなしにしている仕草の意味

%e8%88%8c%e3%82%92%e5%87%ba%e3%81%99%e7%8a%ac%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%8f%e3%82%99%e3%81%95%e3%81%ae%e6%84%8f%e5%91%b3
犬が舌を出しっぱなしにしている時は暑いという意味があります。
逆に寒がっている時は小刻みに震えます。

しっぽに関する仕草の意味は?

しっぽを振るしぐさの意味は大きく正反対に分かれます。
しっぽを振っている=犬が喜んでいる
とだけ覚えていると意外とぜんぜん違う理解をしていることになる場合もあるので、犬がしっぽを振るしぐさの意味を知っていきましょう。

まず基本として犬がしっぽを振るのは興味を示しているという意味があります。

さらに穏やかにしっぽを振っているのか、激しくしっぽを振っているのかなどでも違ってきます。

しっぽを激しく振るしぐさの意味

しっぽを激しく振るのは、犬の警戒心が強いことを表しています。
初めて会う人などと会っている時にこのしぐさが見られるでしょう。

しっぽを上むきに上げているしぐさの意味

また、しっぽを上向きに上げている時は、警戒しているときです。
当然小刻みに速くしっぽを振っていたら警戒心は大きいという意味になります。

上向きにあげた状態でゆっくりしっぽを振るしぐさの意味

しっぽが上向きでもゆっくりと振っているときは、警戒心が低い状態を表しています。

しっぽが下向きになっている時のしぐさの意味

反対にしっぽが下向きになっているときは不安を感じているときです。
体調が悪いときにも見られるので、変わったことはないかよく見てあげてくださいね。

しっぽを下向きにして足の間に巻き込んでいる時のしぐさの意味

さらにしっぽを下向きにして足の間に巻き込んでいるときは、非常に強い恐怖を感じているときです。

他の犬のお尻のにおいを嗅ぐしぐさの意味

突然、他の犬のお尻のにおいを嗅ぎ始めたら、ビックリして「やめなさい。」と言ってしまいそうになりますね。
人から見るとビックリする仕草ですが、これは犬の世界では「あいさつ」のようなものです。
犬はお尻の周辺から犬特有のにおいを出しているので、そのにおいを嗅ぐことで、どういう相手なのか確認しているということです。

犬が前足をペロペロ舐めている仕草の意味

前足をペロペロ舐めている時は寂しさをアピールしていますが、人間の赤ちゃんが指をシャブリのと同じようなことです。

犬が仰向けで背中を地面に擦りつけている仕草の意味

仰向けで背中を地面に擦りつけている時は、心と体を許している相手に触ってほしいとアピールしています。

犬が歯をむき出しにしている仕草の意味

歯をむき出している時や、ウーとうなっている時は、近づくと噛むぞ!と威嚇しています。
これは誰でもわかりますね。

犬が遠吠えしている意味

遠吠えしている時は自分の位置や存在をアピールしています。

犬が小さく鳴く意味

クーンと小さい声で鳴いている時は寂しくてイジケテいる場合が多いでしょう。

寝ながら吠える犬もいますが、寝言ですのでそっとしておくと良いでしょう。

犬が目を逸らす仕草の意味

目を逸らすときは関わりを持ちたくない時や喧嘩したくない時の仕草です。

犬が自分の前足をなめるしぐさの意味

犬が前足など体の一部を執拗に舐めているのは、退屈なときやストレスを感じているときに見られます。

人間でいうと貧乏ゆすりのようなものです。
このような仕草が見られたら「退屈だなあ。
かまって欲しいなあ。」と思っているのかもしれません。
気分転換にお散歩に連れて行ってあげるのもいいですね。

犬が人の口元や顔をなめるしぐさの意味

この仕草には2つの意味があります。
1つ目はオオカミの名残で、自分より上位のオオカミに対する挨拶として口元を舐めていたからなのですが、この場合は飼い主さんへの愛情表現ですね。
2つ目は子犬が母犬に食べ物をねだるときに、母犬の顔を舐めてご飯をねだるという習性の名残です。
お腹が空いたよというサインかもしれませんね。

犬が身震いするしぐさの意味

犬は体が濡れていると、ブルブルっと身震いして水気を飛ばします。
でもこの仕草は濡れてもいないときにもすることがあります。
これは「拒否」の気持ちを表しています。
しつけやトレーニングの最中に、何度も身震いをするようなら「もう飽きたよ。」と伝えたいのかもしれません。
一旦休憩を取ってあげましょう。

他にも犬の仕草はたくさんあります。
知っていると犬の気持ちがよりわかるようになってうれしいですね。

犬の仕草 注意点

犬の仕草に関しては、あくまで絶対というものはありません。

これは、確率的に多いという解釈が良いでしょう。

人の心も犬の心も、表面に出てきたものを読み取ることで、上手くコミュニケーションが取れるようになります。

そのポイントとなるものが仕草や表情なので、適切に読み取っていくと愛犬と仲良く慣れます。

参考にどうぞ。

犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

http://nice-dog.com/dog/

コメントを残す