ダルメシアンは特徴を良く知ってから家族に迎えよう

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%b36
ディズニーの映画で有名になったダルメシアンに、可愛さと優雅さを感じて家族に迎えたいと思われた方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために、ダルメシアンの性格や魅力をご紹介しちゃいます。

ダルメシアンは優雅なたたずまい

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%b35
ダルメシアンがいつどこで生まれたかなど、いまだに分かっていません。
しかし、ビクトリア朝時代からいたということが分かっています。

18世紀のイギリスでは、ダルメシアンの見た目の美しさや優雅さを美のアクセントとして、馬車の伴走犬として愛されていました。

消防馬車の伴走犬としても活躍していたダルメシアンは、猟犬とし番犬として、牧羊、軍用と幅広く活躍していたことも知られています。

車社会になった今では、消防署のマスコット犬として大事にされているんですよ。

ダルメシアンの性格は?体重や寿命は?どれくらい大きくなる?

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%b34
様々なところで活躍してきたから、飼いやすいのではないかと思われがちですが、ここだけはちょっと違っています。

ダルメシアンは確かに賢くで母性本能が強く温和で、他の犬やペットとも仲良くできます。
好き嫌いもなく食べ物にも迷うことがありません。
しかし、なんといっても遊び好きで、活発で、責任感が強い分だけ頑固になりやすいのがダルメシアンなのです。

意外ですよね。
馬車の伴走・猟犬・牧羊犬・軍用と、体力を使いとにかく走るダルメシアンと考えると不思議ではないのかも知れませんが、とにかく体力が有り余るとストレスも溜まりやすくなり、無駄吠え・物を噛むことが多くなります。

ダルメシアンは寿命が10~15年と言われています。
オスでは成犬で身長48~58㎝/体重18~27㎏、メスでは48~58cm/18~27㎏と、オス・メスともに大きさなど変わりはほぼありません。

ダルメシアンは子犬のときから家族として迎えて、しつけをすることで、無駄吠え・物を噛む・知らない人に敏感になりすぎないようにすることが出来ます。
好奇心が旺盛で、活動的なことの始めは驚きもあるかと思いますが、家族が大好きで必要としスキンシップが大好きな犬なので、家族が一人増えたような感じで家を明るくしてくれます。

ダルメシアンは留守番犬には向かない

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%b33
ダルメシアンはスキンシップが大好きで家族が大好きなので、留守番をさせると、おもちゃを噛んだり、トイレではないところで用を足したり、無駄吠えをしたりすることもあります。

ダルメシアンは番犬には向いていないので、家族として迎えたら、いつでも一緒というスタイルが一番です。
それだけに飼うときには、いつも一緒にいられるかどうかも大事です。

ダルメシアンの散歩はどうしたらいいの?

元気で活動的、疲れ知らずのダルメシアンを満足させる分だけのお散歩は、かなり体力を使います。
1日2回最低でも60分は散歩して、ダルメシアンを遊ばせましょう。
近くにドッグランがあるときには、利用するのもおすすめです。
運動不足はストレスになり、ダルメシアンの体調にも関わってくるので、毎日の散歩はとても大事になります。

ダルメシアンは病気になりやすい?

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%b32
ダルメシアンは尿路結石が出来やすいことでも知られています。
そのほかに遺伝異常で聴覚障害を持って生まれることも珍しくありません。

ダルメシアンを飼うときには、病院で健康診断をして健康状態をチェックしましょう。

ダルメシアンを飼っていての悩みの上位にしつけがなかなかうまくいかない、噛んでくる、吠えるなどがあります。
これは、しつけの仕方が悪いのではなく、難聴でこちらの意図が伝わっていないということも多々あります。

病院での健康診断を定期的にし、水分をたっぷりと与えることで、ダルメシアンの尿路結石を予防することが出来ます。
ただし聴覚に異常があったときには、医者やドッグトレーナーの力を借りましょう。

ダルメシアンを迎える準備をしよう

ダルメシアンの性格・大きさ・病気のことなどが分かったら、ダルメシアンを迎える準備をしましょう。

ダルメシアンは毛が短く寒さに弱いので、温かい室内で飼うのがおすすめです。
成犬になったときの大きさを考えてサークルを準備し、そこにベッド(柔らかく温かいもの)とトイレを位置づけることで、トイレを覚えにくいダルメシアンも、徐々に覚えていきます。

ダルメシアンの毛はかなり抜けやすくそのままにしておくと皮膚病にかかりやすくなるので、毎日のブラッシングで血行を良くし皮膚病にかからないようケアをするため、ブラシは必須です。
ダルメシアンは耳が垂れていて、蒸れやすいので耳掃除用のグッズがあると便利です。

あとは、毎日の散歩用のリード・首輪と、食器(水の器は大きめ)を準備して、ダルメシアンを迎えましょう。

ダルメシアンのまとめ

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%b31
ダルメシアンは優雅なたたずまいと見た目の美しさで、伴走犬として愛され大事にされていました。
体力も好奇心も旺盛なダルメシアンはまるで子供がもう一人増えたように、家を明るくし楽しくしてくれます。

子供が一人増えるのと同じなので手のかかる部分もありますが、賢く母性本能あり、家族大好きなダルメシアンは、パートナーとして申し分のない犬です。

色々なところに一緒に行き、犬との生活を楽しみたい方にはピッタリなのがダルメシアンです。
注いだ愛情の分応えてくれるのが、ダルメシアンの最大の魅力です。
この機会にダルメシアンを家族として迎えてみてはいかがでしょうか。

犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

http://nice-dog.com/dog/

コメントを残す