体を触らせてくれない犬のしつけ

犬のしつけ (4)

今回は体を触らせてくれない犬のしつけについて解説していきます。

体を触らせてくれない犬を飼う3つの不自由

犬のしつけ (7)

体を触らせてくれる犬になるようにしつけをしていくことは人と犬の暮らしを快適にするのには必須でしょう。

実は、体を触らせてくれる犬に育てないと色々なところで不自由なことがおきます。

例えば次の3つで不自由な状態になります。

1. トリミング

犬が体に触られるのを嫌がると必要以上に時間がかかりますね。

2. 動物病院
獣医に触られる機会があるので、嫌がると、診察も進みません。

3. 飼い主とのコミュニケーション
これは言うまでもありませんが、犬を可愛がりたいのに触られるのが嫌だという犬の場合は、コミュニケーションが上手くいきません。

これらの他にストレスを感じる場面もあると思いますが、大きなものを知っていただいたということです。

好きなのに嫌がられるのは恋愛と同じようなもので、自分の気持ちにストレスが湧いてしまいますね。

それなのにご飯や散歩のお世話をしてあげないといけないというのは辛いので、しっかり体を触らせてくれるようにしつけをしていきましょう。

体を触られても嫌がらな犬の違いとは?

犬のしつけ (8)

体を触れても平然としていたり、喜ぶ犬と、嫌がる犬はどこが違うのでしょう?

これは人に触れられることに対して、気持ちよさや喜びなどのよい感覚を持っているか、嫌悪感や警戒心などの悪い感覚を持っているかの差です。

子犬の時から、体をよく触るようなコミュニケーションをしておくといいでしょう。

なでる事や、マッサージ、抱っこ、毛や爪などの手入れなど、人に触られるのが普通だと思ったり、気持ちよい経験をさせましょう。

そうやって、体に触れられることが当たり前の環境で育てていくことで、

犬も飼い主もストレスが減り、快適な犬との暮らしが実現します。

犬のしつけは色々ありますが、子犬の頃から、しつけをしっかりしておくと、楽になる面はとても多いので甘やかし過ぎずに、しつけをしていきましょう。

当然、成犬になってからでも体を触らせてくれるようにしつけをすることは可能です。

しかし、普通のやり方ではなかなか難しいのも事実です。

そういう場合は、ドッグトレーナーや、カリスマと言われる人などの犬のしつけ方を取り入れる事で解決しやすくなります。

犬のしつけも勉強とトレーニングが大切なので、可愛がりつつやっていくといいでしょう。

あなたと愛犬の生活が少しずつでも近く快適になるように応援しています。

犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

http://nice-dog.com/dog/

コメントを残す