しつけに時間をかけたくない人はこちらを読んでみてください
http://nice-dog.com/dog/

犬の飼育

【要注意】犬が食べてはいけないもの一覧

更新日:


ここでは犬が食べてはいけない食べ物として、重大な症状を引き起こしかねないものを紹介していきます。

ネギ類・ニラ・ニンニク

代表的な禁止食としては、玉ねぎや長ネギ等のネギ類と、ニラやにんにく等が挙げられます。

ネギ類等には、犬が消化する酵素を持たない、チオ硫酸塩の化合物が含まれていて、これが血液の中の赤血球にあるヘモグロビンを変化させてしまうことによって、赤血球を破壊し貧血状態に陥ってしまいます。このネギ類等の有毒成分は、加熱しても破壊されないので、調理した料理の中にネギ類が入っていると、犬に与えたら危険なので注意しましょう。

ただし、食べても平気な犬がいるのも事実です。例えば酢豚やお味噌汁、ねこまんまのように、ご飯類に玉ねぎが混ざっているものなどがあります。これを食べ続けても特に体調不良になるわけでもなく、生死にも影響のない犬というものいますので、個体差がある事も知っておきましょう。食べてからすぐに犬に体調不良の変化が表れるかというと、そうでもない犬もいます。

犬の体内で赤血球を破壊したりするという進行具合によるので、愛犬がネギ類を食べてしまったのを目撃したら、吐かせる事ができれば重症にならずに済むでしょう。よくネギと同様に挙げられる犬に与えてはいけない食べ物にニンニクやニラなどもあります。これらも注意して犬に食べさせないように注意しておくのが無難でしょう。

アボカド


アボカドに含まれるペルシンという成分により、犬が摂取すると嘔吐・下痢・呼吸困難・痙攣などの症状が出る場合があります。このペルシンは人間には無害ですが、犬には有害という成分なので、ご飯を与えたり落としたりした際にアボカドが入っていたらすぐに取り除くようにしましょう。

ぶどう・レーズン


ぶどうも犬に与えてはいけない食べ物の一つです。嘔吐・下痢などのほか、腹痛や水をたくさん飲むようになるなどの症状が見られる事があり、与えない方が無難な食べ物と言えます。

ガム

犬用ガムに潜む危険

犬の歯の健康を考えて「犬用ガム」を与えている飼い主もいると思います。しかし、与え方を間違えたり、ちょっとした不注意で、逆に健康に悪影響を与える場合があるので注意が必要です。犬のしつけや手入れなど、犬を飼う上でのトラブルは些細なことから起きるもの。ガム一つでも危険があることも考慮して、まずは犬とガムに関する知識だけでいいので、手に入れておきましょう。

犬とガムのトラブル事例

実際にあった事例を挙げると、ある飼い主家族が犬に犬用ガムを与えていましたが、ある日、誰が何個ガムを与えたのか、誰も把握していない時がありました。その時の犬は、嘔吐と下痢を起こして、元気がない状態に・・・。嘔吐物を調べてみると、噛み砕かれ固まった犬用ガムが混ざっていたのです。その後、動物病院で診察を受け、食べたガムの消化不良の可能性を指摘され、程なくして大量のガムが排便と一緒に出てきたそうです。

このような場合、運よく排便と一緒に出てきてくれたので、大事にまで至りませんでしたが、運悪く、ガムと異物が胃腸に詰まり、犬が死亡したケースもあります。誤飲誤食はもちろんのこと、ガムの与え方によっては、このような最悪のケースが起こる可能性もあるので、口から与え体内に入る物の管理は、飼い主が責任を持って行うようにしましょう。

その他にも人用のガムによく含まれる成分で、キシリトールという成分があります。このキシリトール入りのガムは犬にとっては悪影響を及ぼすことも知っておきましょう。大量に食べてしまうと、痙攣や嘔吐などの症状が出ることもあり、最悪、死亡するケースもあります。たかがガムですが、成分や詰まることなどを考えると、危険なものとも判断できるので、まずはこれらの知識を知っておき、食べている時や食べた後に注意してみることが、大事に至らない予防策となります。

キシリトール

虫歯になりにくいということで人気が出たキシリトール入りのガム。人間用はもちろんですが、犬用のキシリトール入りガムもあります。ただ、人間には有効とされるキシリトールは、犬にとって好ましくない作用があるので、与える際には注意と知識が必要です。

キシリトールは、キシロースという成分から合成された糖アルコールの一種で、天然の代用甘味料として使用されています。口の中の唾液ではほとんど消化されず、虫歯の元となる酸を産出しないので、甘味を感じても虫歯の元にはなりにくいので、ガムの甘味料に使用されているのです。

しかし、唾液の成分等、人間とは異なる犬の場合、キシリトールが与える影響は、インシュリンの分泌を強力に促し、低血糖を引き起こしてしまいます。考えにくいことですが、誤って犬に大量のキシリトール入りガムを与えてしまうと、血糖値が一気に下がり、痙攣を起こす可能性も出てくるというわけです。

また、少しずつでも継続して与え続けると、肝機能に障害が出てくる恐れもあるので、犬にキシリトールを与えることがある場合は、正しい知識を持って与えるようにしましょう。基本的にキシリトールを犬に与えることはおすすめできません。

例えば、子供がキシリトール入りのガムを犬に与えてしまった場合、犬はインスリンが過剰に分泌され、絶命する可能性もあるわけです。このように考えると、意外と身近に危険があることがわかります。だいたい中毒を起こした場合、30分以内に痙攣や脱力・昏睡などの異変が起きるのでわかるでしょう。

まとめると次のようになります。

  1. 犬がキシリトール入りの食べ物を食べる
  2. インスリンが過剰分泌される
  3. 低血糖発作が起こる(痙攣・嘔吐・昏睡など)
  4. もしくは肝障害になる可能性がある

ナッツ類

犬に食べさせてはいけない物4

その他にも、消化が困難な貝類やナッツ類に気をつけましょう。犬がナッツ類を食べると不安を抱いたり、筋肉の震えや強直痙攣などの症状が起こる事があります。ナッツ類は子供や知識のない人が与えやすいので注意しましょう。

胃腸を傷付ける可能性のある鶏の骨や魚の骨も注意ですね。骨を与えるように推奨している食事法もあるので、骨に関して反論もある人もいると思いますが、その場合は、骨を細かく砕き、消化できるようにする事が大切です。骨を与えて犬がトイレに言っているときに、苦しそうにしていたら、腸閉塞になるかもしれませんので要注意。食べたものは、出すときに観察する癖をつけると重大なトラブルを回避する事ができます。

チョコレート類

犬に食べさせてはいけない物1

チョコレートといえばカカオですが、カカオに含まれるテオプロミンという成分が犬と相性が悪く、中毒症状を引き起こすと言われています。犬がテオプロミンを含むチョコレートなどを食べた場合、犬の体重1㎏に対して、100〜200mgが致死量になります。テオプロミンの量は、チョコレート100g:テオプロミン215gという具合なので注意が必要です。嘔吐や下痢、神経症状や死など軽い症状から最悪のケース死に至る可能性もあるのでとても注意が必要な食べ物がチョコレート類なのです。

コーヒー・紅茶


コーヒーや紅茶など、カフェインを含んだものも犬に与えてはいけないものです。食べ物ではないので、与える確率も低いと思いますが、コーヒーの粉などがこぼれた際に犬が舐めてしまう事もあるのでその点は注意が必要です。基本的には塩分、糖分や香辛料を含んだものや、人間用のお菓子など人工的に作られたものや刺激の強いものは、犬にとって悪影響を与える可能性が高いので、与えないようにするのが無難です。

カフェインが犬の細胞であるアデノシン受容体に影響を与え、鎮静作用を阻害します。これにより呼吸や心拍数が増加したり、興奮、震え、痙攣などが起こるほか、ひどい場合は出血するケースもあるなど、注意が必要なのがコーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物です。

お酒


お酒も犬に与えてはいけない飲み物です。理由としては犬は体内でアルコールを分解できないからです。体重1kgに対し5.6ml程度が危険域になります。知らないうちにペロペロと舐め続けていると致命的な量のお酒を飲んでしまう事があるので、お酒を飲む際は注意しましょう。

桜・紫陽花など


桜を食べ物として犬に与えることはありませんが、お花見に愛犬を連れて行く人も多いもの。その際に桜の花びらを食べてしまう可能性もあるので、記載しました。他にも紫陽花や梅なども犬が食べてしまった場合は良くないものなので、花を鑑賞する季節に散歩をする場合は注意が必要です。しつけができていない犬は、人が食べているものや桜なども食べてしまいます。なので犬のしつけは大切なのです。



犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

-犬の飼育

Copyright© 犬のしつけ事典 | 犬の気持ちと種類から , 2018 All Rights Reserved.