子犬のしつけ方法を解説

子犬のしつけ

dog-1246610_1280

犬を飼うときには様々なしつけをしておく必要があります。

たくさん覚えさせなくてはいけませんが、まず家族に迎えた子犬に覚えさせたいしつけはアイコンタクトとトイレでしょう。

アイコンタクトでしつけをする

puppy-1904471_1280

アイコンタクトは犬を飼い主に注目させることです。

しつけの最終目標は名前を呼んだらいつでもどこでも行動を中断し、飼い主とアイコンタクトが取れるようになることです。

これができるようになると、犬が突然道路に飛び出したり、他人や他の犬に吠えたり飛びかかったりするようなアクシデントを防ぐことができます。

犬を呼んでしつけするトレーニング

greenland-dog-1963674_1280

①犬の名前を呼びながらごほうびをあげる

puppy-1977171_640

これを繰り返すことで、犬は「名前を呼ばれた=ごほうびがもらえる」と認識するようになります。

注意することは必ず名前を呼んだ後すぐにごほうびを上げることです。

順番が逆になると意味がありません。

②そっぽを向いているときに名前を呼ぶ

puppies-1871261_1280

犬が名前とごほうびの関係性を覚えたら、次はそっぽを向いているときに名前を呼ぶようにします。

飼い主から目をそらしているときにはっきりと犬の名前を一度だけ呼びましょう。

飼い主の目を見つめたら、すぐに褒めてあげて同時にごほうびを与えます。

ごほうびを素早く与えることるのがポイントです。

これを繰り返すことで、「名前を呼ばれたときに飼い主の目を見る=ごほうびがもらえる」と認識するようになります。

③犬の注意を飼い主から引き離したときに名前を呼ぶ

puppy-1726419_1280

②ができるようになったら、次は犬の注意を引くような物にわざと視線を引きつけておいて名前を呼びます。

おやつでもおもちゃでもOKです。

犬の注意が飼い主から離れたらはっきりと犬に名前を一度だけ呼びます。

飼い主の目を見ることができれば、すぐに褒めてあげて同時におごほうびをあげましょう。

なかなかできないときには②に戻ります。

④場所を変えてやってみる

black-lab-1869795_1280

次は外に連れ出してやてみましょう。

外にはたくさん気になるものがありますし、色々な音もします。

そんな中でも名前を呼んで飼い主の目を見ることができるようになれば成功です。

その後は少しずつご褒美の回数を減らしていきましょう。

最終的には褒めてあげるだけにできるようにしましょう。

トイレしつけ方

dog-1936485_1280

現在はマンションで飼育する人も多いので、室内飼いをしている人が多いですね。

そのため、トイレのしつけは必須です。

子犬を家に迎えた日から行いましょう。

トイレのしつけをするときに気をつけたいことが、失敗しても怒らないことです。

失敗して怒られると犬は「おしっこ=いけないこと」と勘違いしてしまうことがあります。

そうなるとおしっこを我慢して病気になったり、隠れてトイレをするようになってしまう恐れがあります。

犬がトイレ以外の場所にオシッコをしてしまったら、まず犬をその場所から離し、汚れた場所を掃除して、その場所に消臭スプレーを掛けておきましょう。

臭いを消しておかないと犬はまた同じ場所でオシッコをしてしまいます。

①ゲージでのトレーニング

puppy-1040951_1280

サークルやゲージで囲った中にペット用のトイレシーツを敷き詰めておきます。

子犬は1〜2時間おきにオシッコをするのでそのタイミングでサークルの中へ連れていきましょう。

トイレシーツの上でオシッコができたら褒めてあげます。

オシッコをしそうにないときには、するまで閉じ込めるのではなく、一旦仕切り直しましょう。

②ペットシーツを使う

stray-dog-1153229_1280

サークルの中でオシッコができるようになったら、サークルを外してペットシーツだけにします。

自分からトイレシーツの上にオシッコをしにいくようになれば完了です。

犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

http://nice-dog.com/dog/

コメントを残す