しつけに時間をかけたくない人はこちらを読んでみてください
http://nice-dog.com/dog/

犬の種類 図鑑

シュナウザーを理解する6つのポイント

更新日:

schnauzer-893171_640
シュナウザーの歴史や意味、原産地、特徴、手入、運動など、シュナウザー全般を解説しています。
シュナウザーをこれから飼いたい人や、すでに飼っている人向けの記事です。

シュナウザーの歴史

dog-1582199_640
シュナウザーはドイツ原産の犬種です。
ワイヤーヘアード・ピンシャーと、ブラックのジャーマン・プードル、グレーのウルフ・スピッツの混血により作り出されたと言われています。
とても古くから存在していたと言われていて、15〜16世紀の絵画にはすでにその姿を見ることができます。

シュナウザーという名前はドイツ語のシュナウツから由来しています。
シュナウツは口ひげという意味で、シュナウザーは小さい髭という意味なのです。

シュナウザーはとても賢い犬種で、「人間の頭脳を持った犬」とも呼ばれます。
そのためドイツでは猟犬、番犬、警察犬、護衛犬として利用され、戦時中には伝令犬、救護犬としても活躍していました。

シュナウザーはミニチュア、スタンダード、ジャイアントと3つの種類がありますが、現在はそれぞれ別犬種として扱われています。

スタンダードが原型で、大きくしたものをジャイアント・シュナウザー、小さくしたものをミニチュア・シュナウザーと呼びます。
ドイツでは1899年に、ミニチュア・シュナウザーはスタンダード・シュナウザーと別の犬種とされ、アメリカでは1933年に別の犬種と認められました。

シュナウザーの特徴

schnauzer-600931_640
体長と体高がほぼ同じのスクエア型の体型をしています。
がっしりした体格です。
口ひげや突き出た眉が特徴です。
被毛は二層構造で下毛は密集し、上毛は硬くてワイヤーのような毛質です。
大きさで3つの種類に分けられています。

寿命は12〜15年です。
被毛の色は「ソルトアンドペッパー」「ブラック」「ブラックアンドシルバー」「ホワイト」。

一般的にシュナウザーと聞いて思い浮かべる毛色はグレーとホワイトが混じった色ですが、この毛色のことを「ソルトアンドペッパー」と呼びます。

ジャイアント・シュナウザー

体高は60〜70センチ、体重は30〜40キロ
主に農場作業犬や牧羊犬、警察犬として飼育されています。

スタンダード・シュナウザー

体高は45〜50センチ、体重15〜20キロ
主に牧羊犬、家庭犬として飼育されています。

ミニチュア・シュナウザー

体重は30〜36センチ、体重は4〜7キロ
家庭犬として最も人気のあるシュナウザーです。

シュナウザーの性格

schnauzer-1238155_640
遊び好きで、活発です。
甘えん坊で寂しがりやな性格なのでたくさんコミュニケーションをしてスキンシップを取りたがります。
人懐っこく子どもがいる家庭にも向いています。
賢い犬種でしつけの覚えも良い方です。
攻撃的な気質は弱く、吠えることもあまりありません。
穏やかで他の犬や小動物とも仲良くできます。

一方でテリアの気質の勇敢な一面もあるので、番犬にも向いています。

シュナウザーの運動

dog-1174939_640
活発で遊び好きなので、毎日の散歩に加えて、ボール遊びやかくれんぼなどの遊びも行ってあげましょう。

シュナウザーの手入れ

dog-1393046_640
基本的には室内飼いですが、暖かい季節は外でも大丈夫です。

被毛はほとんど抜けませんが、針金状で手入れを怠ると毛がもつれてしまいます。
毎毎日ブラッシングしましょう。
毛の長い部分は汚れやすいので、きれいに拭いていつも清潔にしておきましょう。

2か月に1回はトリミングをして、足とおなか、口もと以外の被毛をカットします。

ショーに出るシュナウザーは、生まれてすぐにしっぽや耳の一部を切ることもありますが、ペットとして飼うには必要ありません。

シュナウザーの病気

rescue-1238145_640
純血種は近親交配をされたことにより、遺伝的な疾患に注意が必要です。
また眼の疾患を発症することが多いので注意してください。

レッグパーセス

生まれてから半年から1年ほど経ったころに、何らかの原因で股関節の血行が悪くなり、大腿骨の骨頭が変形する病気です。
ホルモンの過剰や栄養障害、生まれつきの病気などが原因とされています。

白内障

レンズの役割を果たす水晶体が白く濁り、目が見えづらくなる病気です。
老犬に多いですが糖尿病の合併症や、遺伝などが原因の場合もあります。

停留睾丸

生後2〜3ヶ月になっても睾丸が両方、または片方陰のうに入っていない状態のことです。



犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

-犬の種類 図鑑

Copyright© 犬のしつけ事典 | 犬の気持ちと種類から , 2018 All Rights Reserved.