爪切りを嫌がる犬のしつけ

犬 爪切り
犬の爪切り時にしつけが
できている犬とできていない犬
では毎回大変さが違いますよね?

犬の問題行動で

爪切りを嫌がる

のもよくある悩みの一つです。

ここでは犬の爪切り嫌いを
直す方法について解説していきます。

犬の爪切り嫌いの原因は何?

お風呂に次いで、犬が苦手な
体のケアとして「爪切り」が
挙げられますね。

理由として、犬は元々、足先や
鼻やしっぽ等の体の先端部を
触られるのが嫌いです。

だから、いきなり爪切りをしようとしても、
嫌がって思うように爪切りさせてくれないでしょう。

更には爪切りで痛い思いをしたり、
飼い主とのコミュニケーションが上手く行ってない
など色々と爪切りが嫌な要素があるので、
そういう部分を改善していきましょう。

では具体的な話に入っていきます。

犬の爪切り嫌いの改善方法とは?

ここでは、爪切り嫌いな犬に対しての
改善方法を紹介します。

いきなり爪切り自体に慣れさせようとするよりも、
最初は足先や爪を触られることを
嫌がらないように躾けること
が大事です。

普段から触る部分から徐々に慣らしていく
普段から、犬が嫌がる部分を優しく
触り続けることで、少しずつ慣らしていきます。

触られて嫌な部分を、いきなり触ると
嫌がる心理は人間と同じですね。

爪切り道具に馴れさせる
触られることに抵抗がなくなってきたら、
爪切りに進みます。

ただ、その前に、犬が爪切りを見ても
不安感を抱かないようにしましょう。

どうやればいいのかというと、
触って慣らしている時から爪切りを
見せておくなど、当たり前の事として
爪切りを印象づけたりするなどです。

これは愛犬の反応を見ながら
色々と工夫してみてください。

爪を切る
このようにして愛犬の反応が
変わってきたら、いざ爪を切ります。

やはり最初は驚くと思いますが、
嫌がるようなことではないという事を
教えないといけないので、切り過ぎて
痛がらせてはいけません。

少しずつ慎重に、声を
掛けながら切っていきましょう。

爪切りを普通のこと、楽しいこと
のように感じてもらい、しつけをして
いきましょう。

犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

http://nice-dog.com/dog/

コメントを残す