犬が水をたくさん飲むようになったのはなぜ?

水をたくさん欲しがる犬

犬 水
犬が美味しそうに水を飲んでいる姿は
可愛らしいと感じませんか?

ここでは犬の水と病気の関係について
解説していきますね。

犬が必要な水の量は?

犬の1日あたり摂取する水分量は
カロリーと同じ値の水分量が必要と
されています。

1日に400kcalのカロリー摂取が
必要なのであれば、400mlの
水分量が必要ということです。

ただし、運動や乾燥などで飲む
水の量は変わります。

飲む水の量が増え、それが
毎日のように続いているとしたら
病気を疑うようにして下さい。

たくさん水を飲む犬と病気

水をたくさん飲む犬に疑われる病気は、
糖尿病や慢性腎不全、副腎皮質昨日亢進症、
肝疾患などがあります。

症状としては、水をたくさん飲む
ということなので、1日の必要摂取量
よりもたくさん飲んでいる場合は、
動物病院での診察をおすすめします。

水をたくさん飲むということは、
おしっこの量も増えますし、いつもより
尿の色が薄くなります。

なので、健康な時のおしっこの回数などを
把握しておくと良いでしょう。

また、症状がなくても検査を定期的に
受けることによって、早期に発見する
ことができ、早期に治療ができます。

犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

http://nice-dog.com/dog/

コメントを残す