犬の無駄吠えをやめさせたい人向け、意味から解説

犬が吠えるのでなんとかしたい、無駄吠えをやめさせたいという悩みは多いものです。
犬が吠えると近所迷惑になると言うのは当然ですが、単純に飼い主がストレスを感じると言うのも当然のことです。

なのでここでは犬が吠える意味や、無駄吠えのしつけについて解説していきます。

犬の無駄吠えをやめさせるために超音波を使ったり、無駄吠え防止グッズを使うなど色々試みた人も多いと思います。

しかし思った様に無駄吠えが治らないという経験も多いのではないでしょうか。

特に夜吠えられると近所迷惑にもなりそして自分も眠れないなど、とても気を使うものです。

ではなぜ犬は吠えるのでしょうか?

犬が吠える理由

犬が無駄吠えをする意味は防衛本能が多いでしょう。
防衛の本能なので自分の縄張りを侵す危険がある他人に対して吠えているということが多いのです。

犬は群れで生活する動物のため、そして昔人に飼われていた番犬時代の名残として、犬が吠えるのは当たり前の事なのです。

これが通行人などの他人にだけ吠えているならまだ良いですが、飼い主に吠えるようなら主従関係が崩れていると見ていいでしょう。

その際はしっかりと飼い主をリーダーとして認めさせるしつけを基本からやって行くのがおすすめです。

逆に吠えない犬と言うのは、本能の部分がしつけなどによってしっかりトレーニングされている犬です。

家が自然にやっていることが人間にとっては問題行動としてストレスをうむことが多いので、犬の本能を理解してしっかりしつけをしていくことがベストでしょう。

音に吠える場合

例えば犬が大きな音などに吠えてしまう場合があります。

これは人間からすれば無駄吠えになりますが、犬からすれば警戒心の表れであり、吠えずにはいられないストレス状態なわけです。

なので基本的には吠える犬を止めようとしてもなかなか難しいものです。
なので犬の躾が必要になるわけですね。

大きな音などに反応して吠えてしまう場合は、その音が怖がるべきものではないことを教えてばいいのです。

やり方としては、例えばチャイムや電話、雷などの音に聞こえてしまうどうしたら、その音を録音しておきます。

そしてボリュームを小さくしてから再生していくのです。
これをごく小さい音から徐々に大きくしていって、犬が怖がらないかどうかを見ながら音量を調節していきます。

そしてこの音量を大きくしていく際に、ご褒美を与えていくのです。

ずっとこの音が鳴ったらいいことがあると犬が思えるようになり、今まで不安だったり恐怖の対象だったその音が、怖がらなくてもいいことだということがわかるようになり、さらにその音がなると良いことが起きるを認識するようになっていくのです。

そうすると吠える必要がないので、当然犬が吠えなくなるのです。

この音をならしつつ与えるご褒美は、犬がご褒美だと思えば何でもいいので、飼い主がかわいがってあげたり、おやつをあげたり、遊んであげたりと、犬の反応を見ながらご褒美を与えていきましょう。

習慣的なストレスで吠える場合

またその他の原因にストレスもあります。
犬がストレスを感じて吠えている場合はストレスを解消してあげることと、ストレスになっている原因を解決することが重要です。

無駄吠えをする犬を叱ることで、吠えることが悪いと認識していない犬はストレスを溜めます。

このストレスによってさらに無駄吠えが増えるという悪循環が生まれやすいので、この点は犬のしつけ方法を基礎からやっていくといいでしょう。

基礎と言うのは主従関係など本能の理解や、犬のコマンドなどをトレーニングしていくことになります。
詳しくは主従関係や犬のコマンドのページをご覧ください。

http://nice-dog.com/command/

犬を飼う場合、どこまでいっても”しつけ”が分岐点になります。
それは、犬との生活を何年間も快適で楽しく、本当に可愛い愛犬だと思えるかどうかの分岐点です。

なので、絶対に躾という教育には手を抜かないでください。
効果の実証された方法で丁寧に躾るだけで犬は変わります。

愛犬の行動に困っているなら、そして、愛犬を本気で愛しているなら必ず躾を学び、愛犬にも最高の飼い主と思われるような努力をしてほしいと思います。
それが私からの願いです。

こちらにしっかりとしたものを書きました。
まずこれを読んでみてください。

http://nice-dog.com/dog/

コメントを残す